menu

「うづくりの床」

音響熟成木材 うづくりの床

「うづくり」とは

年輪を際立たせる「うづくり加工」を施した素足にやさしく心地いい床材

「うづくり」とは、木材の加工方法の一種で、木の表面を丁寧にこすり、年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足のウラをやさしく、心地よく刺激します。カイケンの床材は、この「うづくり」加工を独特の方法を用いて仕上げています。音響熟成木材「うづくりの床」のその感触を、ぜひ一度実際にお確かめください。

なぜ「うづくり」? なぜ「38mm」?


音響熟成木材 うづくりの床 厚さ38mm

音響熟成木材の床材を「うづくり加工」にしてお届けするのは、カイケンこだわりの理由があります。年輪が際立ち表面に凹凸があるうづくりの床材は、すべりにくくなり、こどもたちや高齢者の方にも安心です。

凹凸は足裏のツボを心地良く刺激して血行を良くし、冷え症の方もご安心いただけ、冬でも素足の生活が楽しめます。こどもたちの扁平足予防にも効果的です。

また、凹凸が室内の光を拡散し、目に優しい空間をつくり、眼精疲労を和らげます。

おすすめしている「うづくりの床」の厚さは「38mm」。この厚さは熟成する期間もちょうどよく、合板を使わずに床材ばりできる厚さなのです。
人間が室内でストレスなく過ごすには、ほとんど身体に感じない程度のかすかな「たわみ」のある床が最適です。床材が38mmより厚すぎると固くなり、たわみがなくなってしまいます。逆に薄すぎると軟らかくなって頼りなく、不安定な床になってしまいます。
音響熟成木材「うづくりの床」の「38mm」という厚さは、厚すぎず薄すぎず、固すぎず軟らかすぎない、ベストの数値なのです。

「黒」のうづくりの床

うづくり加工の年輪は年月とともに味わいを増します。
音響熟成木材「黒」の「うづくりの床」は古民家や和モダンな住空間を足元から演出します。
日々の生活が光沢となって、なめらかで美しい質感の床材へと変わってゆきます。

CLOVERでは、
ご家族みなさまが健康に過ごして頂けるよう使用する材料を吟味しもっとお家が好きになって頂ける空間づくりのお手伝いをさせて頂きます。
©2018 築匠木家